育児のストレスで子供との関係を壊さないようにするコツ

病院

心理療法を受けよう

female

カウンセリングは大変意義のあるものですが、東京などの成果至上主義とする地域性を持つ人が受ける場合は、結果を急ぎ過ぎず、自己理解を深めていくことが効果を高めます。また、カウンセリングはすぐに効果が出るものではないということも押さえ、時間をかけて洞察を深めていくことが理想です。

もっと読む

言葉を上手く喋れない障害

doctor

喋る際に同じ音を連続してしまったり、急に言葉に詰まったりといった喋り方の特徴を、吃音と呼びます。吃音は大人になるに連れて段々と治りにくくなってしまいますが、それでもトレーニングとメンタルケアによって克服することが可能です。

もっと読む

企業の医師

nurse

労働者の健康を守るのが、産業医のお仕事です。健康診断や健康相談は元より、人間関係やメンタルヘルスにも対応して、従業員が働きやすい職場環境を整えます。優秀な産業医を雇うのには産業医の紹介会社に依頼するのがお勧めです。

もっと読む

うれしいものなのですが

female

多くの人が悩んでいます

妊娠が分かった時には、家族全員がとてもうれしい気持ちになるものです。そして、出産が近づくにつれて、新たな家族が増える事への期待が高まります。しかし、同時に育児への不安も高まるものです。育児は、楽しいことも多いですが、大変なことも多く、どうしてもストレスを感じてしまいます。それでは、育児によるストレスはどのような原因が多いのでしょうか。まず、夜に眠れないというものが多いです。昼間に赤ちゃんのお世話をして疲れているのに、夜には授乳や夜泣きによって眠れない日が続きます。育児に休日はありませんので、毎日続く睡眠不足が強いストレスになってしまいます。他には、自分の時間がまったく取れないという理由も多いです。息抜きができない日々は強いストレスになります。

実は簡単な解消法が

他にも育児によるストレスは多いものですが、実は最も多いのが配偶者へのストレスです。特に、ママがパパに対して感じるようです。最近のパパは、以前に比べて育児に積極的にかかわる方が増えてきたものの、どうしても手伝ってあげているという意識が残ってしまうようです。それが表面に現れた際の言動がストレスになるのです。こういった夫婦間でのストレスが溜まり続けてしまうと、最終的には夫婦関係の危機にまで発展してしまいます。育児ストレスが溜まらないようにするためには、夫婦間でのコミュニケーションを頻繁に取るようにしましょう。また、それでもストレスが蓄積するようなら、心療内科などを受診してメンタルケアを受けることも大切です。病院でのメンタルケアなら患者の状態ごとに合わせたケアが受けられるので、精神状態が改善される確率は高いでしょう。